飯田園

scroll

利根川領域の沃地と厳冬は香り豊かなお茶を創り出す

さしま茶の畑が広がる場所は、関東平野の中央部に位置する利根川領域の豊かな大地、茶葉の成長を促す古い火山灰が堆積した土壌。極寒の北西風にさらされる厳しい冬の寒さは、独自の肉厚で上質な茶葉を育てます。さしま茶は、その濃厚な茶葉の香りをまろやかに仕上げる為に、深蒸し製法の煎茶が主流の産地です。
主な商品紹介
手揉み茶

手揉み茶 手摘み・浅蒸し茶

全国手揉み製茶技術競技大会にて二度も最優秀賞を受賞した、飯田園 代表飯田耕平による丹精込めて揉んだ手揉み茶です。お茶の原点にこだわり、一葉一葉手で摘み取った茶葉は蒸された後に、飯田の手により休むこと無く7時間をかけて完成させていきます。手揉みにより製茶された葉は、お湯を注ぐことにより再び葉本来の若葉の形をとどめ広がります。色は透き通った金色をし、手揉みならではの、甘みと旨味の余韻をお楽しみください。
内容量:10g ステンレス製茶筒・桐箱入り
販売価格:10,000円(税抜)
やぶ北

やぶ北

芳醇な香りとコクのある味わいが絶品です。
内容量:80g
販売価格:1,200円(税抜)
和紅茶

和紅茶

ほのかな甘み。ストレートでも美味しい紅茶です。
内容量:50g
販売価格:800円(税抜)
噛み茶

噛み茶

当園オリジナル商品。カテキン効果で口臭予防にも。
内容量:5g×2ケ(パッケージ付)
販売価格:2,000円(税抜)
在来種

在来種

種から育て代々引き継いだ飯田園の味を守っています。
内容量:80g
販売価格:1,200円(税抜)

日本一を生む飯田耕平の技術と想いは猿島から世界へ

七代目 飯田耕平
飯田園七代目の飯田耕平は、全国手揉み製茶技術競技大会において平成23年・27年に2度の最優秀賞を受賞。茶揉み製法の伝統技術の保存、そして幕末「黒船」で初めて海外に渡り輸出貿易に成功した歴史をもう一度復活させるのが自分の役目だと言う。

江戸時代からの匠な技術と技は世代を超えても伝えていく

会社概要
園名 飯田園
所在地 〒306-0403 茨城県猿島郡境町蛇池521
創業 安永7年(1778年)
代表者 飯田 耕平
手揉み茶担当 飯田 耕平
連絡先 TEL:0280・87・1547
FAX:0280・87・1949
事業内容 さしま茶栽培、製造、販売
アクセス方法
お車でお越しの方
東北自動車道 久喜ICより40分
常磐自動車道 柏ICより40分
電車でお越しの方
東武伊勢崎線 東武動物公園駅より車で30分
JR宇都宮戦 古河駅より車で30分